運送会社選びでお悩みの方へ

運送会社の選び方

運送業者のコストパフォーマンス

運送会社は、お客様に対してモノを運ぶという輸送機能を中心にサービスを提供するアウトソース業者です。

アウトソースする先を選ぶには、その価格においてお客様の期待に対して結果がどれだけ満足のいくものであったか、つまりコストパフォーマンスが基準になります。

単に見た目の安さだけで業者選定をしてしまったがために、大きな後悔をされたお客様も多いと思います。その後悔の原因となった理由には、このようなものがあったのではないでしょうか。

・「運送会社がこちらの要求を正確に把握しないで、間違った日時・数量で納品先に届けてしまい、クレームになったり、再度運びなおしになったりしてしまった。おかげで下げなくてもいい頭を下げる羽目になった。」

・「気を使って取り扱わないとならない商品だったのに、雑に扱われてしまって商品が傷んで売り物にならなくなってしまった。保険で商品代金はカバーされたが、得意先からクレームを受けた。」

・「通常の取引とは別扱いで、急ぎではない品物の少量配送を頼んだのに、大型トラックによる至急便扱いで運送され、高額な請求が来た。これじゃ空気を運んで運賃を請求されたようなものだ!」

・「最初の頃は時間通りに確実に配送してくれて、信頼できる業者さんだな、と思っていたのに、いつの間にか到着時間も早すぎたり遅れたりするようになって、品物の扱いも雑になってしまった。どうやらドライバーが別の人に変わったからみたいだが・・・」

・「自社の商品を運んでいたトラックが事故を起こして横転、道路上に商品が散乱してしまった。保険で商品のロスはカバーされたとはいえ、テレビのニュースに映ってしまったためイメージダウンになってしまった。もしこれが人身事故だったらと思うと・・・」

・「長く取引をして物流量や運送先も正確に予測がつくようになってきているのに、効率化やコストダウンの提案は一切ない。コストダウンできないか、と聞いてみても、「うちもギリギリなんです」の一点張りでまったく交渉に応じようとしない。なにか工夫してくれてもよさそうなものだが・・・」

▲ ページトップへ戻る

運送会社のコストパフォーマンスを判断するための基準

こうした不満を未然に防ぐためには、運送会社を選定するときに値段もさることながら、コストパフォーマンスを基準とした方が安心なのではないかと思います。

運送業者の選び方をコストパフォーマンスを基準として考えるときに、必要な視点はこうしたものではないでしょうか。

② お客様の期待、お客様の求める結果は何なのかを正確に把握するニーズ理解力
サービス業では、お客様が何を期待しているのか、ニーズを正確に把握することがとても大切。でもこれがきちんと出来ている運送業者は、多いとはいえないようです。お仕事を請ける前に、まずしっかりとお客様とコミュニケーションをとること。それが出来てはじめて、お客様の期待に対して不足がなく、また過剰でもない必要十分なサービスを設計することができるようになります。その結果過剰サービスに無駄な費用がかかったり、サービス内容の不足で不満を感じたりすることがなくなります。
③ 安定して一定以上のレベルのサービスを提供する輸送品質管理力
運送会社の評判は、担当するドライバーの評判と直結していることが多いのがこの業界の常です。しかし、良い担当ドライバーに当たったらその間はとても満足度が高く、担当が替わった途端にサービスレベルが低下してしまうようでは、安心して仕事を任せることは出来ないのではないでしょうか。ドライバーが変わっても、一定レベルのサービス品質を確保するための努力をしているかどうか。輸送品質の管理力もコストパフォーマンスを大きく左右する要因となります。
④ 事故なく、安全輸送でお客様に安心を提供する安全管理力
多くの場合積荷のロスは保険でカバーされるとはいえ、事故が発生してしまえば荷物のお届けは出来ず、再輸送の必要があります。もし限定生産品や一品生産の商品であれば、納品すら不可能になることもあります。そのデメリットは、目には見えにくくてもお客様にとって得意先からの信用低下という形で響いてきます。また、事故が多いということは従業員であるドライバーへの安全教育や過労防止といった運送会社としての基礎を怠っていることを示唆することでもあります。中長期的に見れば、安全性を重視した運用を行っている業者かどうかは重要な選定基準になります。
⑤ コストダウンの工夫力
厳しい経済環境で、どこの運送会社でもコストダウン努力は行っていることでしょう。そこに果たしてコストダウンの余地はあるのでしょうか。スポット発注や短期間の取引であればコストダウンの機会は限られてきますが、ある程度の期間、継続的に取引をしていれば、お客様のビジネスの動き、物流の動きに対する理解が深まってきます。そこになんらかのコストダウンのチャンスを見つけることが出来る運送業者であれば、長期間にわたって協力会社としてつきあっていく価値のあるパートナーとなるでしょう。

▲ ページトップへ戻る

手塚運輸のコストパフォーマンス向上努力

私ども手塚運輸は、お客様にとってのコストパフォーマンスをより良いものにするために、これら4つの点に重点的に取り組んでいます。

② ニーズ理解力
お仕事を請ける前に、必ず事前に現場確認を行い、十分なヒアリングを行ってお客様のニーズを正確に把握できるよう努めます。
③ 輸送品質管理力
個々の運送案件ごとに、荷物の取り扱い手順等をマニュアル化し、誰が担当しても一定のサービス品質を確保できるよう態勢を整えています。
④ 安全管理力
ドライブレコーダーの全車装備、安全運転技能の教育徹底、安全向上会議の定期的開催による意識向上など様々な角度から安全確保に取り組んでいます。
⑤ コストダウンの工夫力
お客様に対する定期的な報告の際、運送手順・ルートの見直しと効率化提案の検討を行い、コストダウンの機会を探すよう努めています。また、イベント運営や商品の倉庫保管、美術品運送設置や広告宣伝など、運送業務の周辺ニーズに対応するワンストップサービスによる一括請負でコストダウンを図っています。

詳しくは、下記の手塚運輸の3つの特長をご覧下さい。」

「手塚運輸の強み」3つの柱

クオリティー

セーフティー1

運ぶ

▲ ページトップへ戻る

運送会社の選び方 「簡単チェック方法」

現在の輸送業務について、次の項目をチェックしてみましょう。

  yes no
1.定期的に運送会社の営業担当者とミーティングをしている。
2.運送費の明細・詳細を把握している
3.運送費以外の付帯業務のコストを知っている
4.担当しているドライバーの氏名を知っている
5.運送会社の配車担当者の氏名を知っている
6.どのような車両で輸送しているのか知っている
7.荷物の積み方や梱包方法、手順のマニュアルを確認している
8.緊急時の連絡先、連絡網がある
9.万が一のときの保険の内容を知っている
10. その都度、輸送完了後に、報告をもらっている

いかがでしたか? 「No.」が、3つ以上あるようでしたら、見直しが必要かもしれません。

▲ ページトップへ戻る

クオリティー

セーフティー1

運ぶ

コスト削減

サービスメニュー

配送サービス

ワンストップサービス

移動広告メディアサービス

お問い合わせ

048-251-3929

FAX: 048-251-3930

MAIL: ask@tezuka-exp.com

手塚運輸のあゆみ・歴史のアルバム

手塚運輸イベント事業部

トラックレント便

運送用語解説

手塚運輸㈱ 社長 手塚嘉明のオフィシャルブログ

「アド・トレーラー」田中諭のブログ

イベントドライバー募集中

運輸安全マネジメント

グリーン経営

Gマーク