運輸安全マネジメントに係る情報

運輸安全マネジメントとは

平成1810月から、運輸事業者自らが安全管理の取組みを行い、輸送の安全の向上を図ることを狙いとした「運輸安全マネジメン制度」を導入しています。

運輸安全マネジメントに伴う自動車運送事業関係法(道路運送法及び貨物自動車運送事業法)の一部改正する法律が施行されました。(詳しくは国土交通省ホームページ参照)

 本情報公開は、「貨物自動車運送事業法第243項」および「貨物自動車運送事業輸送安全規則第2条の8項」に基づき実施いたします。

[輸送の安全と品質に関する基本方針]

輸送の安全の確保が最も重要であることを自覚し、全社員一丸となって絶えず輸送の安全性の向上に努めます。

より安全な輸送のために「交通事故ゼロ」、「交通違反ゼロ」を目指し、高品質輸送を追及して参ります。

全社員参加による安全対策、事故防止対策、高品質輸送の追及、事業の安定と成長を目指します。

  1. 輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底し、関係法及び安全管理規定に定められた事項を遵守します。
  2. 経営責任者は、輸送の安全の確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、安全の確保が最も重要であることを全従業員に周知徹底させる役割を担います。
  3. 輸送の安全に関する計画の策定、実行、チェック、改善を確実に行うための仕組みを確立します。
  4. 輸送の安全と高品質輸送のために、従業員のスキルアップ、教育・研修を継続的に実施します。
  5. 輸送の安全に関する費用支出及び投資を積極的かつ効率的に行うよう努めます。
  6. 輸送の安全に関する内部監査を行い、必要な是正措置又は予防措置を講じます。
  7. 輸送の安全に関する情報の連絡体制を確立し、社内において必要な情報を伝達、共有します。

[輸送の安全に関する目標と達成状況]

  • 重大事故、人身事故ゼロを目指しています。

 

 

68期

69期

  事故件数 発生比率 事故件数 発生比率
人身事故 0件 0% 0件 0%
車庫内事故 0件 0% 0件 0%
物損事故 0件 0% 0件 0%
整備不良 0件 0% 0件 0%
その他 0件 0% 0件 0%
全体 0件 0% 0件 0%

 

  • 自動車事故報告規則(昭和261220日運輸省令第104号 改正平成27130日国土交通省令第6号)により報告する事故は、0件です。

 

事故の種類

69期(2021年10月1日~2022年9月30日)

事故の種類 発生件数 有責 無責
転覆 0件 0件 0件
転落 0件 0件 0件
火災 0件 0件 0件
踏切 0件 0件 0件
衝突 0件 0件 0件
死傷 0件 0件 0件
車両故障 0件 0件 0件
その他 0件 0件 0件

 

68期(2020101日~2021930

事故の種類 発生件数 有責 無責
転覆 0件 0件 0件
転落 0件 0件 0件
火災 0件 0件 0件
踏切 0件 0件 0件
衝突 0件 0件 0件
死傷 0件 0件 0件
車両故障 0件 0件 0件
その他 0件 0件 0件

 

[安全輸送に関する重点施策]

  1. 重大事故ゼロ、人身事故ゼロ、声掛け強化
  2. 日常車両点検の徹底、エコドライブへの取組みを推進
  3. ドライブレコーダーによる危険運転チェック
  4. あいさつ、整理整頓、報告、連絡、相談、コミュニケーションし易い、明るい職場づくり
  5. 健康管理、睡眠不足等体調管理の啓蒙活動
  6. 運転技能向上のための講習会への参加、向上心育成のための資格取得支援

[輸送の安全に関する教育・研修の計画、実施]

安全講習会の実施
  • 定期運転講習会(年2回)、仮想運転診断機により定期診断(安全・エコ運転の指導)
  • 外部講師による安全講義(年1~3回)
車両の点検・確認・整備
  • 全車両、1ヶ月点検の実施
  • 各ドライバーによる車両点検(日時報告)
社内研修・ドライブ技能チェック
  • 新入社員研修、添乗指導
  • 運転技能研修、カウンセリング
  • ドライブレコーダー(映像)を活用した指導
  • 積込み方法、荷締め、養生資材の検討や確認
  • 各種車両の特長、操作方法、注意事項の確認
  • 車両装備品の確認、使い方指導
各種安全会議
  • 全体会議(年2回)
  • 班長会議(月1回)
  • 安全IT報告(月1回)
  • 運行管理者、車両整備管理者の研修会(不定期)
  • 営業会議(毎週)事故件数等の発表
  • 事故報告会議(随時)
  • 災害対策会議(年1回)
  • グループミーティング(年2~3回)

事故多発地域や新しい道路や高速道路の制限速度や危険箇所の確認、過去の事故事例、ニュースで発表された事故情報、ヒヤリ・ハット体験情報の収集

その他の周知活動
  • 安全方針を記載した携帯カードの配布
  • 車両別安全確認リストの車内用カードの据置き
  • 安全方針の各事業所への掲示
  • 点呼や終業時に、個別目標や注意事項の確認
  • 業務チェックリスト(毎日)
  • 事故後の事故状況の発表と再発防止策の検討会
  • 業務別に「安全管理マニュアル」や「運行管理マニュアル」の作成
  • 事故危険マップの作成
  • 埼玉県交通事故防止コンクールの参加
健康管理
  • 健康診断(年1回)を全従業員が受診し、結果を基に健康維持に努めます。
  • 血圧測定(血圧計を各事業所に配備)
  • ストレスチェック
  • 睡眠時無呼吸症候群(SAS)検査
  • PCR検査

[内部監査]

  • 日報、業務チェックリストの確認
  • ドライブレコーダーの走行状況の確認
  • アンケート調査の実施
  • 個別面談による面談調査  
  • 運転記録証明書の取得

[輸送の安全に関する実績] 

  • デジタルタコメーター(全車両配備完了)
  • バックアイカメラの設置(大型車両全車配備完了)
  • スマートフォン、全ドライバーに配布
  • 安全講習等のセミナー受講(全員)
  • 運行管理者資格取得者(5人/2022年)
  • 玉掛け技能免許取得(5人/2022年)
  • 交通事故ゼロ運動の参加 
  • フォークリフト操作研修会(随時)
  • 優良運転者の表彰(年1回)
  • 無事故者の表彰(年1回)
  • 防災用品の配布(年1回)
  • 装備品(ユニフォーム、安全靴、ヘルメット、グローブ等)の配布
  • 協力会社との安全対策会議(随時)
  • 運転記録証明書取得(入社時、他)
  • 適性診断受講(入社時及び不定期に実施)
  • 血圧測定機器の設置(2台) 
  • アルコールチェッカーの設置(3台)
  • 健康診断年1回(全員)
  • 人間ドック受診者への補助金
  • PCR検査キットの配布(随時)

[輸送の安全に関する情報公開]

  • 2021年度、行政処分なし。 
  • 2020年度、行政処分なし。
  • 2019年度、行政処分なし。

[事故、災害時に関する報告連絡体制]

[安全統括管理者]
安全統括管理者 統括本部長 姉帯友哉 国際コンテナ輸送部 部長 仲宗根勝 一般輸送部 課長 若山政義
内部監査員 国際コンテナ輸送部 課長 運行管理者 品質管理責任者 安全教育指導係 佐藤一之 一般輸送部 主任 運行管理者 品質管理担当者 安全教育指導係 藤山隆市 一般輸送部 主任 安全教育指導係 四谷彰彦
Gマーク 安全性優良事業所認定書取得

安全・安心・信頼へ取り組む意識を高めるため積極的に取り組んでおります。

普段から安全管理をしっかりして事故がないよう取り組んでいることをお客様へアピールする手段としてGマークがあります。 お客様が求める、安全性の高い事業者としての基準をGマークを取得することで、選んで頂きやすくする為と、より安全性の向上に対する意識を高めるため、取り組んでおります。

「Gマーク」とは

Gマークは、全国貨物自動車運送適正化事業実施機関(全日本トラック協会)が認定・交付する「安全性優良事業所」のシンボルマークで、平成22年1月現在、全国で13,190事業所を「安全性優良事業所」として認定しています。 “G”の由来はgood「良い」、glory「繁栄」の頭文字「G」を取ったものです。

「安全性に対する法令の遵守状況」「事故や違反の状況」「安全性に対する取組の積極性」、3テーマ38項目の厳しい評価項目が設けられ、80点以上の評価点数を取得した事業所が安全性優良事業所として認定されます。 Gマークの基準として、最近3年間に重大事故を起こしていない、 「運輸安全マネージメント」の取り組み状況も審査の対象になっております。

手塚運輸では、安全・信頼安全管理体制の構築・改善の取組において、社内基準を設け、社員全員で尊守し、安全マネージメントを行っております。